食用油全自動連続循環濾過装置

食用油は私達の生活から切り離すことは出来ません。
そのため食用油御使用の御客様の間では、今や濾過機を使用することが常識とされています。
使用目的は、油の酸化を防ぎ、油の寿命を延ばすこと。
揚げカス並びに不純物の除去による商品の品質向上等。
消費者の健康上に支障の無い様に充分注意しなければなりません。
※濾過する油の温度は120℃以上が適温です。